Technics SL-1200のRCAケーブル換装

Technics SL-1200というターンテーブルのRCAケーブルとRCAコネクタを換装しました。

交換したケーブルは、コストパフォーマンスに定評のあるMogamiのケーブルです。メーター数百円。

結果として、このケーブルのコストパフォーマンスは評判通りで、ケーブルを交換しただけで出音がクリアになり、今まで聞こえてなかった音も聞こえてくる感じで、換装する価値ありでした。

ハ ンダ付け作業を伴うのでハードルが高いですが、私も人生で初めてハンダ付けをしましたし、交換作業労力 対 効果を考えると非常にパフォーマンスがよいの です。なので、世の中のTechnics SL-1200でレコード聞いている方達全員におすすめしたく、以下に写真と共に共有します。

買ったもの

最初に買い揃えたものは以下です。

  1. ケーブル:「Mogami モガミ 2534 Neglex ”Quad” マイクケーブル 1m単位 切り売り」×5
  2. コネクタ:「ナカミチ Nakamichi 24K 金メッキ RCAプラグ ハンダ式 4本セット」×1
  3. はんだ吸い取り:「goot はんだ吸取り線 CP-2015
  4. ヒートクリップ:「goot ヒートクリップ H-2SL
  5. クリップ:「ヤザワ ミニミニどっちもクリップ CLW9PW
  6. バイス:「goot ミニバイス ST-80
  7. ハンダごて
  8. ハンダ

作業工程

  1. IMG_2014-10-18_15-51-32.jpegタンテを裏返しにして、ネジを全部外します。

  2. IMG_2014-10-18_15-56-23.jpegネジを外すと、このような状態になります。写真左上にある、灰色の金属板の下に、オーディオケーブルがハンダ付けされている基盤があります。

  3. IMG_2014-10-18_16-00-07.jpeg灰色の蓋を外したところ。ケーブルがハンダ付けされた緑色の基盤が見えます。

  4. IMG_2014-10-18_16-02-09.jpegこの赤と白のケーブルと基盤とのハンダ付けを、ハンダ吸い取りで吸い取ります。

  5. IMG_2014-10-18_16-01-29.jpeg拡大したところ。赤白のケーブルが付いている2箇所と、そのそれぞれの脇にある2箇所、合計4箇所のハンダ付けを吸い取ります。

  6. IMG_2014-10-18_16-12-52.jpeg白ケーブルだけを取り外したところ。

  7. IMG_2014-10-18_16-16-42.jpeg両方のケーブルを取り外したところ。ちなみに、この写真に見えている青白赤緑の細い銅線は、ダイレクトに針カートリッジへ繋がっています。カートリッジの 後ろ側に、この配色の銅線を見ることができるタイプの針カートリッジもありますよね。レコードの溝をトレースした針の微細な振動が産んだ電力が、直接この オーディオケーブルに流れていることを目の当たりにすることができます。分かってはいた事実ですが、如何にレコード盤の溝がダイレクトに音に繋がっている かが分かります。よりレコードが好きになる瞬間です。交換作業に拍車がかかります。

  8. IMG_2014-10-18_16-21-44.jpeg右の赤いケーブルが古い元々接続されていたケーブル、左の青いケーブルが新しい今回購入したケーブルです。右の古い方である赤いケーブルを見ると、古い ケーブルでは、細い芯線とその周りを取り巻くシールド線部分が音の伝達に使われていることが分かります。左の新しい青いケーブルでは、少し分かりにくいで すが、シールド線の他に4本の芯線があります。そのため、新しい青いケーブルでは、シールド線は本来の目的通り、ケーブルの外部からの電気的ノイズから芯 線を流れる信号を守る役割を果たします(たぶん)

  9. IMG_2014-10-18_13-25-16.jpeg今回買ったケーブルは、このような作りになっている。青と透明の芯線の2ペア。青をプラス側(ホット側というらしい。かっこいいから今後はこちらを使おう)、透明をマイナス側(コールド側)とする。

  10.  IMG_2014-10-18_16-36-52.jpeg青2本と透明2本を組にする。


  11. IMG_7355(1).jpgそれぞれを半田付けする。


  12.  IMG_7359.jpgタイラップでまとめる。


  13. IMG_7361.jpg金属板から引き出す。ケーブルが太くなったため、元々引きぬき防止のためにネジでこの金属板に固定されていたパーツは使えなくなる。そのため、引き抜き防止のため金属板のネジ穴にタイラップで止めた。


  14. IMG_7362(2).jpg裏釜から引き出して、裏釜をネジ止めして。


  15.  IMG_7366.jpg完成。


 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。